キャッシングサービスを使用するには、活用する業者の審査を受け、その申込みを通過することが前提条件です。そうなると、そういった審査基準では、使用者のどういった部分が審査されるでしょう。融資する会社は審査申込みを受けると、初め、自分の企業の登録データに申込者が過去に登録されているかってことを調べます。続いて、信用情報機関などに問い合わせて、申込みした方の情報があるかどうかみます。それから、キャッシングサービスを受けようとしている人の才や昔の使用経験というような個人的な情報の要素などからもみていくのです。最後に、キャッシングを許可させるかどうか、いくらくらいのお金の融資を許すか審査していきます。厳しい審査をクリアすることで、カードが持て、キャッシングを使用することが可能です。融資を受けるための申し出には、審査依頼者の個人に関する情報といえるものみんな提供するつもりで望む必要があります。自分のことはもちろん家族構成や、勤務先や、住み家の環境等も審査の事項に記入が必要です。金融会社の審査基準では、そのような項目のことを属性と言って、中でも、とりわけ大切とされる属性があります。その項目にひっかかった場合には、難しい審査を通過する見込み低いです。重要とされる属性は、その人がいったいどんな人間なのか判断することができるべきで、立証が分かるものについては重視される動きがあるようです。重要視される属性の中でも、月収レベルが把握できる属性も重要とされるようです。月収は重要視されるだろうと思われるかもしれませんが、事実上、年の収入は自分で申し立てが可能のため、月収自体立証がとれない限りは重要視されるものでないようです。真実でない報告も可能であることから、裏付けがあるものより重視することはないようです。また、職種の面では、特に「安定している職種」職種であれば、難しい審査にも関わらす有利となります。公務員などがその例で、加えて次ぐ職業には働き率の高いホワイトカラーと言われているサラリーマンなどです。マイナスとなってしまう職種はその逆で、「不安定な職種」となります。接客業や、日雇いで働く方、自営業者、芸能人なども、安定した職業とは見られずらく、審査は通りにくくなるようです。その一方で住宅では、私有の家であるかどうなのかというポイントはもちろん重視されるはずだが、同時に、住んでる期間もかなり重視されます。高級な家を所有しているより、どういった家であろうとも長い間住んでいるほうが審査は有利です。長く住んでいることで、信用があると評価されるのです。