仕事をするにあたり考えるのはどういう労働条件で働くかということ、正式な社員かアルバイトもしくは契約社員など種類があるものですが、だいたい正社員を望むのが普通です。

永い目で見れば人はやはり安定を望みますし、そんなに多くは職場を変わる前提ではないからだと思うのですが、社員ではなくアルバイトを希望する私はいつも不思議がられるものです。

アルバイトにはアルバイトのメリットがあり、私はいつもそれを優先します。

それは時間調整がしやすいということ、例えば他にやりたいことがある場合に時間を上手に使えるという意味なのですが、社員ですとあまりわがままは言えないのがほとんでです。

当然ながらそういう無理が利く職場に限定されますが、アルバイトは何かしら理由をつけて早く上がることが可能です。

他の仕事と掛け持ちをしたい人や趣味に時間を割きたいという人にはアルバイトの方が便利なわけです。

意外なトリックですが、社員の方が給与面でも優遇されない職場も結構あり、アルバイトの方が効率よく稼げる場合も少なくありません。