本日は為替の市場におけるベーシックな要因に関しての説明です。76-15-150

為替というものは「人の手でお金の送金をすることなくお金のやり取りの行為を果たす取引」を指します。76-13-150

日常的に為替取引というと大体外国為替について言っている場合が多いです。76-6-150

外為とは二つの国の貨幣の取り替えのことを示します。76-14-150

海外旅行(スペイン、ベトナム、)をしたことがあるならばきっと外国為替の経験をしたことがあるはずです。76-1-150

どこかの銀行に行って他国のマネーへ交換したのであれば、まさに為替になると思います。76-5-150

為替相場とは買いたいと思っている人と売ろうと思っている人の値を意味するものです。76-17-150

銀行と銀行の取引によって確定するものです。76-2-150

その銀行がマーケットメイカーと呼ばれる指定のたくさんの銀行です。76-3-150

為替の相場は周りからの働きかけを受けながら引き続いて変わって行きます。76-20-150

相場を動かす動因とは、ファンダメンタルズというものがあります。

ファンダメンタルズが指すのは経済動向、経済の基礎的条件や様々な要因のことを言うものです。

その国における経済成長や景気状態、物価、金融緩和、国際収支、失業者数、有力者の発言等々の事柄が関わって為替のレートは変動して行きます。

とりわけ国際収支や無就業者数は重要です。

経常収支というのは、日本の中では省庁(外務省)の指図で日銀が日本外国貿易統計をベースとして取りまとめた他国との一定時期の経済上のやり取りを書き留めたものですです。

外国取引の収支は中央官庁や日本銀行のホームページ等で開けます。

就職者の統計、失業率も肝心となる原因であると言います。

ことに米国の雇用統計はポイントとされます。

毎月公にされ調べるねらいが幅の広いところが特性です。

為替相場の変化は国の経済の変動を指しているので。

国の経済の動向を把握することで為替相場の変動の把握が可能となると結論付けられます。


76-7-150 76-12-150 76-19-150 76-16-150 76-8-150