PCの前に座りいつも上がったり下がったりしているレートを見ると理由無く取引をしたくなるという抑えようの無い感情に駆られる事も多いです。ゼロファクター 薬局

だがしかし、はっきりしない考えで注文するのは、絶対に避けてほしい。すそわきが 対策

確かに、外国為替相場は年中いつでもいずれかの国でマーケットは変化しているしレートも常時上がったり下がったりします。北国の恵み 口コミ

そうであっても、何回も取引を積んでいくと、それだけ損をする率が上がってしまいます。パーフェクトワン 安い

確かにエントリーの回数を増やすことによって、勝ち負けの可能性が50%、50%になっていくのは事実です。太陽光発電 音

でもこれは「なんとなく思いつきでトレード」とは別問題です。ピューレパール

売り買いの回数を積むということは自ずから「ここはいける」と感じた確信を得た状態での売買回数を積み重ねるという意味である。プール 日焼け止め アネッサ

何となく、絶え間なく売り買いを経験するのとは異なります。コンブチャクレンズ 痩せない

為替相場の駆け引きに臨むには、己で意識的に緩急をつけることこそが大事だ。プルエル 口コミ

「ここは!」と感じた外国為替市場の時には、迷うことなく保持ポジションを買い増して、積極的に儲けを追い求めます。ヒゲ コンプレックス

「何となく頭をかかえるマーケットで、どうなるか読めないな」と思い至った時は、潔く所持ポジションをひとつ残らず諦めて黙っています。

このくらいのけじめがあったほうが、最後に売買は勝てます。

外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

本当にその通りだと思います。

取引とは常にポジションを所有する事が大切ではなくどのポジションも所有せずじっとしていることも場合によっては相場です。

そうであるならば、いつ休めばよいのだろうか。

ひとつは、先述した通り、現在の市場が曖昧で判断できない時です。

そこからどうなるのか明確でない時は何も考えず行動すると、自分の書いたストーリーとは異なった方向に為替相場が変化してしまい損をする事になります。

こういうケースではポジションを減らしてそのまま静観しているのが最良の方法です。

ふたつめは、己の健康状態がすぐれない時。

コンディションとマーケットにつながりがない感じる投資家もいますが実は意外に関係があります。

コンディションが変な時は、外国為替相場の大少なところで正確な決定が出来ない場合が多くなります。

興味がわかない時は、外国為替相場から目をそらす事も重要な事です。